住宅ローンの金利ってどうやって決まる?2013

どうも。

住宅ローンの元専門家の管理人です。

今日は今後の住宅ローン金利のお話です。

今、日本はTPPの交渉参加で沸いていますね。

ところで。

最近、銀行のローン金利ってたいぶ低くなってきました。

特に住宅ローンなどの金利は低く感じます。

そこで、住宅ローンの金利の決まり方を紹介したいと思います。

銀行によって、様々な商品名がついていて
分かり難いかもしれませんが、
住宅ローンには大きく分けて3つの金利の種類があり、
それぞれ金利の決まり方が異なります。

まずは「変動金利」です。

変動金利の金利の決まり方として、
年に4月と10月の2回見直しが行われ、
返済額が見直されます。

しかし、5年間ルールや、
1.25倍ルールという激変緩和措置が取られているので、
急激に返済額が上がるということはありません。

次に「一定期間固定金利」です。

これの決まり方は、5年間や10年間など一定の期間に限って
、金利が固定され、この一定期間が経つと、
新たに金利を選び直すという方法です。

金利は他の2つの中間程度になります。

最後に「全期間固定金利」です。

これは借入時に銀行が提示している金利を返済の全期間で適用し、
返済額が決まる金利になります。

この全期間固定金利は他の2つに比べて金利は高いですが、
返済額が見直されることもないので、
計画的な返済が可能になります。

どの金利にも、メリット、デメリットはありますが、
最近では「ミックス金利」という種類もあります。

いわゆるミックスローンですね。

今後はより一層住宅ローンの金利推移に注目しましょう。
住宅ローン金利動向

 

コメントは受け付けていません。

Tags:

住宅ローンのシミュレーションを上手に

住宅ローンをシミュレーションしていく上で、ライフサイクルを考え、普段の収入や支出面を十分に検討していく必要があります。

今後十数年にわたる収入と支出を計算し、住宅ローン融資を受けようという時は、借入金額を重視する人が多いようです。

毎月の返済日にいくらずつの返済が可能かという点が、シミュレーションでは大事です。

家を買ってからの返済計画を、ライフプランを考慮に入れた上で決めるようにします。

毎月いくらなら返済できるのか、住宅ローンはいくら借りるのが妥当なのかと考えながら、住宅ローンのシミュレーションをしてくことが重要です。

収入がいくらあり、返済に回す余裕がどのくらいあるかをチェックしなければ、住宅ローンのシミュレーションはできません。

毎月の返済を決めるために必要なことであるためです。

毎月いくらずつの返済であれば実行可能か、毎月の収入や手持ちの資金などを元に、余裕があるシミュレーションをしてください。

住居を購入してからの返済負担に気をつけてください。

アパート住まいで家賃を支払うならそのお金でマイホームのローン返済を、という宣伝をしている住宅メーカーもあります。

しかし、家を購入した時は住宅ローン以外にも払うべきものが色々とあります。

固定資産税や都市計画税も発生しますし、家の管理維持費も全て自分が負担することになります。

買った物件によっては、団体信用生命保険の費用も生じます。

マンションを購入したなら、共用部分に対して支払い続けなければならない費用もあるでしょう。

住宅ローンの返済だけが毎月の負担で終わりはしません。

インターネットには住宅ローンのシミュレーションサイトがあり、必要項目を入力すると試算ができます。

シミュレーションを行うことで、住宅を購入し住宅ローンを組むと、その後のお金の出入りがどのような状態になるかを明確にイメージすることができます。住宅ローン借り換えシュミレーション

 

コメントは受け付けていません。

Tags:

住宅ローンを上手く活用するには繰り上げ返済は必須?

人生で1番大きな買い物と言われているのがマイホームの購入です。家を購入する人の大半が、住宅ローンを組んでマイホームを手に入れるでしょう。そこで、どのようにしたら住宅ローンをうまく活用することができるでしょうか?住宅ローンを組む前にしなければならないことをまずはお伝えしたいと思います。まずは、家を購入する方自分自身のことを知ることから始めましょう。

つまりあなた自身のことを振り返ってみることが大切なのです。なぜなら、年齢や年収によって利用することが可能な住宅ローンが変わります。また、計画的な返済こそが住宅ローンを上手に活用することへとつながるので、収入といった経済的なことは把握しておく必要があります。次に、購入する家のことについて知りましょう。当たり前ですが、購入する物件の種類や費用を知っておかないといけませんよね。

フラット35などの住宅ローンは、住宅によって金利が低いローンを組めます。そして、住宅ローンの種類を調べることが大切です。住宅ローンは、民間の銀行やネット銀行、フラット35など金利、手数料、保証料は全く異なり多種多彩に揃っています。どのローンがあなたに合っているのか情報を得ることが必要ですよね。さて、どのローンかを決め、家に住み始めたら返済が待っています。この返済の方法でも上手に活用するかのポイントがあります。それはローンの繰り上げ返済、組み換えや控除です。

住宅ローンを上手に活用する=できる限りお金がかからないようにすることではないかと思います。お金がかからないようにするためには、手間や時間がかかると思いますが惜しまずする気持ちが1番大切なのかもしれませんね。

 

コメントは受け付けていません。

Tags: